デスノート 映画 動画 light up the new world

デスノートは途中まではとても面白かったのに、最後にライトが無様に負けてしまうのが残念でした。しかも宿敵の相手、Lにではなくその弟子的な存在のニアたちに負けてしまうなんてとがっかりしました。

ですが、映画版デスノートではライトがLを倒して終わるのです。Lは文字通り自分の命を懸けてライトとの対決に臨んでおり、どんでん返しとしても非常にできのいいものでした。なので、私にとっては漫画版のデスノートではなく、映画版のデスノートのほうが正解です。多くの人がそう感じたのではないでしょうか。藤原竜也の演技もうまく、ライトの役に見事にはまっていました。やや不安に思っていた死神の映像化もうまくできていたと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック